酒バカ!

もっと日本酒は評価されていいべきだし、普及していいはず。

■特別純米酒 ささのくら しぼりたて生原酒

f:id:yamaggie:20200207111451j:image
f:id:yamaggie:20200207111446j:imageあの一ノ蔵によるササニシキ100%の純米酒。 食米の酒にある太めの甘みが感じられるものの、きりっとした香りにより、すっきりまとまったおいしい酒になっています。 よくある一ノ蔵の別の顔を見た感じでした

長珍 しんぶんし純米 阿波山田錦

f:id:yamaggie:20200112171317j:image

長珍REDの大元の酒(醸スペックさん曰く)ということで選んでみました。
飲んだ瞬間、確かにあの長珍REDを思わせる、というかよりハードにした味。
播州夢錦とはまた違った、かちっとした香りとうまみ。
しかし日本酒度+9.5、アルコール分19度とあり、同時にガツンときてすごくいい気分になりますた(笑
これまた衝撃!
男らしい酒です。
最初チリチリ感を楽しみ、残り1/4くらいまで飲み進めたところで燗にしてみました。
少し常温にしてから43度、ギリギリ酸が出ない温度で止めて口に含めると、豊かなうまみと香り。
飲み始めとはまた違った旨さを楽しめました。

上喜元 きたしずく 純米吟醸

f:id:yamaggie:20200112171257j:image
f:id:yamaggie:20200112171254j:image

いつもの行きつけの酒屋で、ラベルを見て気になった一瓶です。
飲み口は最初はさらっと辛口な感じですが、飲んだ後はほんのりした酸にお米の旨みと香り、いい余韻が残ります。
以前に飲んだある酒は飲み口はお米のうまみ、あとは隠れていた酸ですぱっと流してさっぱりというのを持っていましたが、これは逆の作りですね。
これもまたいい感じです。
道産の酒米もいいレベルに来たなあ。

■大治郎 生酛純米

f:id:yamaggie:20200112171208j:image

このブログで何度も取り上げてる酒ですが、長ーく楽しもうと一升瓶に手を出してしまいました(笑
相変わらず濃いうまみのいい酒です。
速醸もすばらしいのですが、生酛だとよりうまみが前面に出て満たされ感が強いです。
常温にするとなおうまみが出て最高!
また山廃も味わいたい。

■竹雀 生もと純米無濾過生原酒

f:id:yamaggie:20200112165912j:image
f:id:yamaggie:20200112165908j:image

オッさんの写真www

 

新しい銘柄を仕入れてみました。
杯をつけると鋭い香りとうまみ。
生酛だとうまみがするっと入ってから香りが来る感じなのですが、これは違いました。
香りとうまみが同時に来る感じで、速醸の酒と変わらないくらい。
蔵付き乳酸菌と酵母で醸していて、酸もうまみもしっかりしたいい酒です。
ただ、飲み切るのに時間がかかったんですが、最後は少しひねた味が付いてしまいました。
早めに飲み切ればよかったと、少し後悔。

■北の勝 大海

f:id:yamaggie:20200112164721j:image

珍しく有名な酒です(笑
いつも濃い酒を飲んでいるせいか、やはり飲みやすいですね。
料理によく合います。
燗にしても飲みやすさは変わらず、うまみが前に出て楽しめました。
現地(根室)へ行って「搾りたて」が飲みたい~!

■長珍 純米酒RED 阿波山田錦100%

f:id:yamaggie:20200117172115j:image
(瓶の写真紛失)

たびたび飲んでる長珍ですが、今回も衝撃です。
行きつけの酒屋にて管理札に濃厚REDと銘打ってあり、興味が出ました。
スタッフさんに聞いてみたところ、定番の阿波山田錦しんぶんし(新聞紙包み、アルコール度数18度)に
加水・火入れしたもので落ち着いた味という話。
アルコール度数も16度でやはりそうかな...
やや冷え(10℃くらい)~ぬる燗(40~47℃)がベストとラベルにあり、冷蔵庫から出してしばらくしてから
封を切ってみる。
おお!
加水・火入れを差し引いても濃ゆい香り、んまみ!
アルコール度数16度とは思えない。
杯が止まらない。